様々な感染症を治せるバルトレックス

バルトレックスは様々な感染症に効力を示すのですが、主としてヘルペスの治療に使用されています。
単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、みずぼうそう等に通常用いられています。

但し、ヘルペスを完治させる薬ではないのです。
あくまでもヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。
ただ、ヘルペスの治療は早ければ早いほど良いとされています。
ですから、ヘルペスウイルスの増殖を抑えられるバルトレックスを発症の初期段階で使用すれば、早期の治癒が期待できます。

用量・用法は症状によって異なります。
単純疱疹の場合は500mgを1日2回服用します。
帯状疱疹の場合は1000mgを1日3回服用します。
性器ヘルペスの場合は500mgを1日1回服用します。
みずぼうそうの場合は体重が40kg以上であれば、1000mgを1日3回服用します。
但し、それぞれの症状においても用量・用法が異なる場合がありますから、医師の指示に従って服用する必要があります。

副作用として報告されているのは、腹痛・軟便・下痢・吐き気といった胃腸の症状、発疹・かゆみといった皮膚の症状、めまい、ふらつき、眠気、頭痛等です。
但し、これらを発症することは少なく、発症しても概ね症状は軽めです。
ですから、比較的副作用が少ない薬だと言えます。

ただ、滅多にないことなのですが、ごく稀に重い副作用を発症する場合があります。
可能性のある重い副作用は、急性腎不全、アナフィラキシー症状、間質性肺炎等です。
とりわけ、腎臓の働きが弱い人は腎不全の可能性が高くなりますから注意する必要があります。

また、過量に服用すると妄想、もうろう、混乱、興奮といった意識障害、あるいは精神変調を引き起こす場合があります。

いずれにせよ、何かしら異変を感じるようでしたら、速やかに医師の診察を受ける必要があります。